悩めるうつ病は早急にチェック|心の悩みを侮るなかれ

婦人

体調に変化を感じたら

看護師と男性

ストレスが最大の原因

体の調子が悪く病院で診てもらってもどこにも異常が見られない場合、自律神経失調症と診断されることがあります。人間には交感神経と副交感神経があり、二つの神経が綱引きをしながら働き体のバランスを整えているのです。しかし長くストレスを抱えていることで、綱引きのバランスは崩れてしまい自律神経失調症を起こしてしまう事も少なくありません。症状は体や心にあらわれるでしょう。自律神経失調症の主な症状としては、頭痛や目眩、吐き気といった風邪のような症状が慢性的に現れ始めます。しかし、実際に不調を抱えているわけではないため、医師に見てもらっても改善は見込めません。また、不安感やなんとも言いがたい倦怠感、そして苛立ちが長期間続くなど、体だけでなく心にも症状が現れるようになるのです。人によってあらわれる症状は異なるでしょう。自律神経失調症は悪化するとうつ病へと移行しやすい病気なので早めに治療を行うことが望ましいです。自律神経が乱れてしまう原因はいくつかあるのです。最大の原因とされているのが過度なストレスで、イラッとしがちな人は注意が必要です。仕事や人間関係によってストレスをためやすい人は、自分でストレス発散させる方法を見つけるといいでしょう。生活リズムの乱れが原因になっていることもあるのです。人間の体は、朝日と共に目覚めて暗くなったら眠ることでバランスが保たれています。夜更かしが続いたり遅くまで眠っている生活をしている場合は、改善させていく必要があるでしょう。

様々な治療法

環境の変化が原因になっていることもあるでしょう。自分の周りの環境の変化にストレスを感じたり、過剰に適応させようとする場合になりやすいのです。寒さや暑さの変化によっても起こりやすいので気をつけましょう。更年期の女性の場合は、女性ホルモンが影響していることもあります。女性ホルモンのバランスが不安定になると自律神経のバランスも崩れやすくなると言われています。お肉、バター、カフェイン、唐辛子、アルコールなどを多く摂る人は自律神経失調症になりやすいことが分かっているのです。栄養不足も原因の一つなので、バランスのよい食生活を送るように心がけましょう。自律神経失調症の治療法には薬物療法、一般心理療法、自律訓練法、整体療法などがあるのです。薬物療法では抗不安剤、抗うつ剤、睡眠誘導薬、ビタミン剤、ホルモン剤などを使用するでしょう。漢方薬を使った治療を行うこともあるのです。漢方には、人間にもともと備わっている自然治癒力を利用して心身の緩和を図る作用があります。薬を飲むと副作用の心配がある人もいるでしょう。漢方は自然の生薬をもとにして作られているため副作用の心配がないのです。長く飲み続けることで、次第に漢方の効果を得ることができるでしょう。漢方を活用し、今こそ自然治癒力の凄さに気付く時なのではないでしょうか。また、多くの人が悩めるうつ病は早急にチェックし、治療の有無を判断しましょう。心の悩みを侮ることのないようにしましょう。

心身の不調を治す東洋医学

病院

自律神経失調症は、これといった原因が思い当たらないことも多く、対処療法だけでは限界が来てしまうこともあります。そのような時には医師に相談のうえ、現在の治療を邪魔しないように漢方を使うという選択をしてもいいのではないでしょうか。

View Detail

古来の薬で現代病を治す

看護師

自律神経失調症は現代病と言われており、年々患者数が増加しています。それに伴い様々な治療法が確立されています。昔ながらの「漢方薬」も自律神経失調症に非常に有効と考えられています。そして、それぞれの治療法を理解することで、改善への近道にも繋がります。

View Detail

対症療法と体質改善で治療

女性

身体の諸器官が原因ではなく、自律神経失調症が原因で身体の不調が生じることもあります。その際には治療として漢方に人気があり、体質改善による根本治療を期待できます。対症療法である西洋医学の治療薬も併用すると症状を抑えながら根本治療をしていくことができるでしょう。

View Detail

自律神経の乱れ

頭を押さえる女性

自律神経失調症の治療に漢方薬を使用する場合は、自分の症状に合った薬剤を選ぶのがコツです。自律神経失調症では様々な症状が現れるため、適した漢方薬を見つけることがポイントとなります。自律神経失調症は、原因によって複数のタイプに分類されている病気です。

View Detail